ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

子持ちでも転職できるか不安…美容部員として志望企業に就職するためには?

転職には、様々な不安が伴いますが、特に、子持ちの女性が転職を目指す際には、それが顕著に表れるようです。昨今では、女性が働くための環境の整備が進んできているとはいえ、子持ちであることが転職活動においてマイナスに働いてしまうケースは、残念ながら、依然としてあります。それでは、子持ちの女性が転職活動を成功させるためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。本稿では、この問いに答えるため、美容部員への転職を目指す子持ちの女性向けに、転職活動のポイントについて、ご紹介していきます。

子持ちでも転職できるか不安…美容部員として志望企業に就職するためには?/Photo by Stock-Asso

転職を目指す子持ちの女性が知っておきたいこと

転職を目指す子持ちの女性は、子持ちの女性の転職について、どのようなことを知っておけばよいのでしょうか。まずは、「転職を目指す子持ちの女性が知っておきたいこと」について、ご紹介していきます。

<子持ちであることが選考に影響するケースはある>

転職を目指す子持ちの女性が知っておきたいことの1つ目は、「子持ちであることが選考に影響するケースはある」ことです。公表はされていませんが、残念ながら、子持ちの女性の採用をしていない企業も存在します。これは、子持ちの女性を雇用することに対する懸念があるからです。例えば、1.短期間での退職、2.育児の影響による突然の欠勤などに対する懸念があるようです。

<子持ちの女性を歓迎する企業もある>

転職を目指す子持ちの女性が知っておきたいことの2つ目は、「子持ちの女性を歓迎する企業もある」ことです。昨今は、女性の活躍を推進するという機運が高まりを見せています。2015年4月には、女性活躍推進法が施行されました。この中では、女性が結婚、出産、育児などを理由に退職することなく、働き続けることができるような環境の整備が推奨されています。そのため、働き続けたいと考える女性が活躍しやすい制度の整備などが進められています。このような機運の高まりもあり、昨今では、子育てをする女性の感性を活かした仕事を期待するような求人も増えてきているようです。なお、このような求人を出す企業のターゲットは、やはり子育て中の女性などであることが多いようです。

子持ちの女性が転職先選びの際にチェックしたい項目

子持ちの女性が転職先選びをする際には、どのような項目をチェックすればよいのでしょうか。それでは、「子持ちの女性が転職先選びの際にチェックしたい項目」について、ご紹介していきます。

<雇用形態>

子持ちの女性が転職先選びの際にチェックしたい項目の1つ目は、「雇用形態」です。雇用形態は、正社員や契約社員など、様々です。例えば、正社員の総合職の場合には、全国転勤などが発生することもあります。そのため、雇用形態は、将来のキャリアプランをしっかりと検討して、決めるようにしましょう。

<女性の働き方に関する制度>

子持ちの女性が転職先選びの際にチェックしたい項目の2つ目は、「女性の働き方に関する制度」です。昨今では、産休・育休制度や育児勤務制度など、女性の働き方に関する制度は、様々にあります。子持ちの女性の場合には、出産や育児があっても長く働き続けることができるような環境が整備されているか否かについて、確認するようにしましょう。その際には、制度の存在の有無に加えて、制度の利用実績の確認も忘れないようにしましょう。

<子持ちの女性の在籍数>

子持ちの女性が転職先選びの際にチェックしたい項目の3つ目は、「子持ちの女性の在籍数」です。子持ちの女性の在籍数が多い場合には、子持ちの女性が働きやすいような環境が整備されている可能性が高いと考えられます。また、子持ちの女性の在籍数が多い企業は、子持ちの女性に対する理解がある可能性が高いため、育児などに関する子持ちの女性に特有の事情にも対応してくれやすいでしょう。

子持ちの女性が美容部員への転職を目指すときのポイント

子持ちの女性が美容部員への転職を目指すときのポイント/Photo by New Africa

子持ちの女性が美容部員への転職を目指すときには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「子持ちの女性が美容部員への転職を目指すときのポイント」について、ご紹介していきます。

<希望する条件の優先順位を決める>

子持ちの女性が美容部員への転職を目指すときのポイントの1つ目は、「希望する条件の優先順位を決める」ことです。希望する条件をすべて満たす求人を見つけることは、至難の業です。そのため、希望する条件には、優先順位をつけるようにしましょう。なお、希望する条件としては、1.仕事内容、2.雇用形態、3.給与、4.勤務地、5.女性の働き方に関する制度の有無や内容などが考えられるでしょう。

<美容部員の仕事に活かせる知識やスキルをまとめる>

子持ちの女性が美容部員への転職を目指すときのポイントの2つ目は、「美容部員の仕事に活かせる知識やスキルをまとめる」ことです。もし、美容部員として働いた経験がある場合には、専門的な知識やスキル、実績などについて、まとめるようにしましょう。即戦力としての活躍を期待されることができれば、選考通過の可能性も高まります。

<育児の態勢を整える>

子持ちの女性が美容部員への転職を目指すときのポイントの3つ目は、「育児の態勢を整える」ことです。多くの企業は、育児によって、女性の仕事のパフォーマンスの低下が起こることを懸念します。そのため、子どもの預け先や家族のフォロー態勢は、整えておくようにしましょう。例えば、子どもに関する緊急の連絡が入った場合にも祖母が対応できるような態勢を整えておけば、企業の懸念も払しょくされると考えられます。なお、「対応できること」と「対応できないこと」は、明確にしておくようにしましょう。

子持ちの女性が転職を目指すときに考えるべきこととは?

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、子持ちの女性が転職を目指すときには、仕事と育児にまつわる環境の整備がとても大切になります。そして、仕事と育児を踏まえて、総合的にキャリアプランを考えることによって、転職活動の際に希望する条件も見えてくるはずです。本稿をきっかけにして、働く子持ちの女性としてのキャリアプランについて、改めて考えてみてはいかがですか。(modelpress編集部)