ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

30代女性が美容部員に転職するためのポイント 応募・面接での注意点は?

美容部員は、多くの女性にとって、身近な職業の一つです。美容系の職業の中では、比較的、人気が高い職業であるということもできるでしょう。そのため、転職の際にも美容部員という選択肢が選ばれることは、少なくありません。しかしながら、美容部員は、比較的若い年齢層が働いていることが多いというようなイメージもあることから、自身の年齢がネックと考え、美容部員への転職を諦めてしまうというようなケースもあるようです。それでは、例えば、30代女性は、美容部員への転職を目指すことはできるのでしょうか。本稿では、この問いに答えるため、「30代女性が美容部員に転職するためのポイント」について、ご紹介していきます。

30代女性が美容部員に転職するためのポイント 応募・面接での注意点は?/Photo by New Africa

30代女性は美容部員への転職を目指せる?

30代女性は、美容部員への転職を目指すことはできるのでしょうか。まずは、30代女性が美容部員への転職を考える際に理解しておきたい事柄について、ご紹介していきます。

<キャリアを活かした転職が可能>

30代は、キャリアを活かした転職が可能です。なぜならば、新卒者として働き始め、30代になった人であれば、一定の社会人経験があると考えられるからです。そのため、ビジネスマナーや敬語などは、身についている場合が多いでしょう。また、事務対応なども経験しているかもしれません。美容部員の経験がある場合には、専門的な知識やスキルが身についているでしょう。これに対して、異業種からの転職の場合にも、コミュニケーション能力や数値管理能力など、転職前に身につけたスキルは、転職後にも活かすことができるものもあると考えられます。

<年齢制限が設けられていない求人も多い>

美容部員の求人には、年齢制限が設けられていないものも比較的多く存在します。なぜならば、美容部員は、あらゆる世代の女性を対象とした仕事であるため、例えば、30代女性をターゲットとするブランドであれば、近い年齢の美容部員を求める場合もあるからです。しかしながら、できるだけ若いうちの転職の方が望ましいという事実もあります。それは、一般的には、30代前半を対象とする求人の方が30代後半を対象とする求人よりも多く存在すると考えられるからです。

<接客業の経験は、有利に働きやすい>

美容部員が担当する主な業務の一つは、接客です。そのため、美容部員への転職の際、接客業の経験がある場合には、有利に働くことが多いようです。なお、店舗などにおける接客の経験がない場合であっても、例えば、取引先への営業や提案などの経験は、美容部員になってからのお客様とのコミュニケーションの際などに活かすことができるでしょう。

美容部員への転職を希望する30代女性が求人に応募するときのポイント

美容部員への転職を希望する30代女性が求人に応募するときには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。それでは、「美容部員への転職を希望する30代女性が求人に応募するときのポイント」について、ご紹介していきます。

<ブランドのターゲット層を調べる>

美容部員への転職を希望する30代女性が求人に応募するときのポイントの1つ目は、「ブランドのターゲット層を調べる」ことです。ブランドのターゲット層は、様々に設定されています。例えば、20~50代など、幅広い年齢層をターゲットとしているブランドも存在します。30代女性が求人に応募する場合、基本的には、30代女性を主なターゲット層とするブランドを探すとよいでしょう。なぜならば、30代女性を主なターゲット層とするブランドの採用担当者は、「30代女性の美容部員であれば、お客様目線のサービスを提供できる」と考える可能性が高いからです。

<自らの強みを明確にする>

美容部員への転職を希望する30代女性が求人に応募するときのポイントの2つ目は、「自らの強みを明確にする」ことです。自己分析を通して、自らの強みを言語化しましょう。その際には、自らの強みの根拠となる具体的なエピソードも求められます。これまでのキャリアを振り返り、自らの成功体験をまとめるようにしましょう。なお、30代の転職では、環境への適応性の高さをアピールできるとよいでしょう。なぜならば、30代の転職者には、即戦力として、活躍することを期待されることが多いからです。そのため、例えば、新しい環境に対して、スピーディに適応することができた経験などについて、まとめておくようにするとよいでしょう。

<長期的なキャリアビジョンを持つ>

美容部員への転職を希望する30代女性が求人に応募するときのポイントの3つ目は、「長期的なキャリアビジョンを持つ」ことです。短期的な目標しか伝えられない場合には、採用担当者は、「長く働く意思がないのでは?」と受け取ってしまうかもしれません。このような事態を防ぐためには、応募した企業に対して、長期的な貢献をしたいという姿勢を見せることが大切になります。その際には、応募した企業において、将来的に達成したい目標を明確に示すとよいでしょう。最低限、新卒入社の世代の美容部員と同等のアウトプットを提供することができると感じさせることが求められます。なお、ライフイベントにおける希望の働き方を尋ねられる可能性もあるため、キャリアプランについても考えておくようにしましょう。具体的には、結婚、出産、育児などのライフイベントにおける希望の働き方については、必ず考えておいた方がよいでしょう。

美容部員への転職を希望する30代女性が面接で意識したいこと

30代女性が美容部員に転職するためのポイントを紹介/Photo by Stock-Asso

美容部員への転職を希望する30代女性が面接を受ける際には、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。それでは、「美容部員への転職を希望する30代女性が面接で意識したいこと」について、ご紹介していきます。

<ビジネススーツを着用する>

美容部員への転職を希望する30代女性が面接で意識したいことの1つ目は、「ビジネススーツを着用する」ことです。新卒者が就職活動を行う際に着用する黒のリクルートスーツは、避けた方がよいでしょう。一般的には、黒のリクルートスーツは、フレッシュな印象を与えます。ただ、中途採用では、基本的には、経験が重視されます。そのため、黒のリクルートスーツは、中途採用には、あまり適していないと考えられるのです。なお、グレー、ベージュ、ネイビーなどの色味のスーツは、落ち着いた雰囲気を与えやすいとされています。

<ブランドイメージに合うメイクをする>

美容部員への転職を希望する30代女性が面接で意識したいことの2つ目は、「ブランドイメージに合うメイクをする」ことです。基本的には、応募するブランドのアイテムを使用して、メイクをすることがベストでしょう。なお、ブランドイメージに合うメイクをすることは、応募するブランドのアイテムを用意することができない場合であっても必須となります。

<希望の待遇を強調しすぎない>

美容部員への転職を希望する30代女性が面接で意識したいことの3つ目は、「希望の待遇を強調しすぎない」ことです。待遇に関する希望を過度に伝えることは、避けるようにしましょう。なぜならば、待遇に関する希望を過度に伝えることは、自身のキャリアを押し売りしているというような印象を与えてしまう可能性もあるからです。したがって、妥協することができないポイントを伝えることは大切ですが、基本的には、企業が定める規定に従うという意思を示すようにしましょう。

30代女性が美容部員への転職を成功させるためには?

いかがでしたでしょうか。ここまでご紹介させていただいたように、30代女性も美容部員への転職を目指すことは可能です。ただし、美容部員への転職を実現させるためには、新卒者などとは異なるポイントをアピールすることが求められます。本稿を参考にしながら、これまでの経験やこれまでに身につけた知識を適切にアピールすることによって、美容部員への転職を成功に導いてください。(modelpress編集部)