ファッションブランドで働きたい方を応援!アパレル業界の最新ニュース

転職活動はいつから始める?現職の仕事と上手に両立させる方法

【アパレル/モデルプレス】現職の仕事と転職活動の両立はできないと考え、現職の仕事を辞めてから転職活動をしようとしていませんか。現職の仕事を続けながら転職活動をすることは可能なのです。今回は、現職の仕事と転職活動を両立させる方法についてご紹介します。

転職活動はいつから始める?現職の仕事と上手に両立させる方法/Photo by Stock Rocket

転職活動は在職中から始めるのがおすすめ

転職活動を考えているのであれば、早めに行動するのがおすすめです。転職活動は在職中から始めると良い理由についてご紹介します。

<経済面での不安がない>

現職を辞めてから転職活動を始めると、新しい職場が決まらない期間が長引いた場合に収入がない期間が延びてしまいます。また、転職活動には面接会場への移動費や宿泊費など出費も生じてきます。収入がなく金銭的な余裕がなくなると気持ちにも余裕がなくなり、転職活動にも焦りが出てしまいます。焦った中での転職活動は上手くいきません。

<じっくりと転職先を見極められる>

現職で仕事をしながらであれば収入源があるので、急いで転職先を見つける必要はありません。したがって、納得のいく転職先が見つかるまで転職活動を続けることができます。そのため、転職先でミスマッチを引き起こす心配が少なくなります。気持ちの余裕は転職で成功するためには重要なポイントになります。

<未就業期間がない>

現職を辞めてから転職までの期間が空きすぎてしまうと、転職時の面接などで空いた理由を聞かれることがあります。期間が空いてしまった具体的な理由がないと、転職先からの評価が下がってしまう恐れもあります。

忙しい人が転職活動の時間をつくり出す方法

それでは、現職での仕事を続けながらどのように転職活動をしたらよいのでしょうか?忙しい人が転職活動の時間をつくり出す方法についてご紹介します。

<スキマ時間を活用する>

現職での仕事があるため、転職活動のためにまとまった時間を作るのは簡単ではありませんが、求人の検索などはスマートフォンでも行うことができます。通勤中や移動中のスキマ時間を活用して転職活動しましょう。応募企業とのやり取りや日程調整は、出社前や昼休み、就業後の時間を使うと良いでしょう。また、早起きをして、朝の時間を転職活動に利用することもおすすめです。このようにスキマ時間でも転職活動をすることができます。

<休日に集中して行う>

休日はまとまった転職活動の時間が確保できます。休日にはスキマ時間ではできないような時間がかかる作業をしましょう。例えば、応募書類の作成や企業研究を行うのが良いでしょう。また、通勤中や移動中と異なり、場所を選んで転職活動を行うことができます。カフェやファミレスや図書館、自宅など自分が1番集中できる場所を見るけることも大切なことです。

<メリハリのある働き方をする>

転職活動のことを考えてしまいがちですが、勤務中は現職に集中しメリハリのある働き方をしましょう。残業する日と早く退社して転職活動にあてる日を決めて切り替えて働けば、より転職活動に使える時間を増やすことができます。また、仕事を集中してまとめて終わらせて休暇を取得するのもおすすめです。

仕事と転職活動を両立させるコツ

現職の仕事と転職活動を両立させる方法(photo-by-naka/Fotolia)

仕事と転職活動と2つのことを同時にこなすにはポイントがあります。続いては、仕事と転職活動を両立させるコツについてご紹介します。

<有給や半休、代休などで休みを取得する>

転職先の面接が平日に行われる場合もあります。シフト勤務の場合は平日の面接に対応できますが、土日休みの勤務体系の場合は有給や半休、代休などで休みを取りましょう。面接の日時や時間を確認し、また自分が休める日数も把握しておくのが大切です。面接で休みを取ることを想定し、その他の転職活動で休むときは注意しましょう。

<1日に数社の面接をまとめて受ける>

1日に数社の面接をまとめて受けることができれば、現職を1日休むだけで済ませることができます。面接のための準備や移動なども1度で済みます。数社受けることで面接に慣れることができ、落ち着いて面接を受けることができます。

<転職エージェントや人材紹介会社を活用する>

転職エージェントや人材紹介会社は、求人の検索や面接の日程調整などを代わりに行ってくれます。これらを活用することで、限られた時間をより効率的に使うことができます。仕事と転職活動を両立する上で重要なポイントになります。

現職の仕事と転職活動は両立できる

いかがでしたでしょうか?転職を考えだすと、ついつい現職の仕事がおろそかになり退職してから転職活動だけに集中しようとする人は少なくありません。しかし、ご紹介したポイントを押さえれば仕事と転職活動の両立は可能です。仕事と転職活動と切り替えて集中する力は、仕事でも活かされます。メリハリのある転職活動で自分の夢を叶えましょう。(modelpress編集部)