ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

応募条件を満たしていない人にもチャンスはある!アピールのコツ

【アパレル/モデルプレス】求人票の応募条件を満たしていない場合、そもそも「応募できない」と考えてしまう人は多いようです。しかし、「応募条件を満たしていない人にもチャンスがある」ケースは、とても多くあります。応募条件を満たしていない場合の「アピールのコツ」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、求人の応募を満たしていない場合の採用についてご紹介します。

応募条件を満たしていない人にもチャンスはある!アピールのコツ/Photo by sheff

応募条件は必須ではない

実は、求人票の「応募条件は必須ではない」ということをご存知でしょうか。まずは、求人票の応募条件の意味についてご紹介します。

<応募条件は、企業が求めている「希望条件」>

まずは、求人票の応募条件は、あくまでも企業が求めている「希望条件」であるということを理解しておく必要があるでしょう。したがって、「必須条件」ではあっても、「絶対にその経験がないと応募できないわけではない」ということになります。繰り返しになりますが、応募条件は「あくまでも理想」という企業が多いのです。

<「必須」の応募条件>

ただし、当然のことではありますが、仕事によっては「必須」の応募条件も存在します。それは、その資格がないと、そもそも働くことができない場合のことです。たとえば、医師免許や税理士免許などが当てはまります。

<「任意」や「あれば尚可」は、満たしている必要はない>

応募条件の「任意」や「あれば尚可」は、必ずしも満たしている必要はありません。ただし、当然のことではありますが、それらを満たしていれば、採用が有利になることは言うまでもありません。しかし、仮にこれらを満たしていなくても、その仕事に応募できないという条件ではないということは、理解しておくようにしましょう。

条件を満たしていなくてもチャンスはある!

ここまで見てきたように、「条件を満たしていなくてもチャンスはある!」ということになります。それでは、条件を満たしていない場合の応募の見極め方についてご紹介します。

<いくつかの条件を満たしていればOK>

条件を満たしていない場合の応募の見極め方の1つ目は、「いくつかの条件を満たしていればOK」ということです。すべての条件を満たしていなくても、だいたいの条件とマッチしていれば「応募可」ということになります。また、応募条件以外の「そのほかの経験」が「強み」と見なされれば、採用される可能性はあります。

<最終的には、面接で判断される>

条件を満たしていない場合の応募の見極め方の2つ目は、「最終的には、面接で判断される」ということです。条件を完全に満たしていなくても、それに近い経験があれば「とりあえず面接してみる」という企業は多くあります。

<ただし、条件からかけ離れている場合は応募を控える>

条件を満たしていない場合の応募の見極め方の3つ目は、「条件からかけ離れている場合は応募を控える」ということです。当然のことではありますが、あまりにも条件と異なる経験の場合は、書類選考で落とされてしまう可能性が高くなります。たとえば、「必須条件を一つも満たしていない」、「募集条件を5歳以上オーバーしている」などが、これに当てはまるといってよいでしょう。

応募条件を満たしていない場合のアピールのコツ

求人の応募を満たしていない場合の採用について紹介/Photo by Photographee.eu

「応募条件を満たしていない場合のアピールのコツ」とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、応募条件を満たしていない場合のアピールのコツについてご紹介します。

<満たしていない条件があることを先に伝える>

応募条件を満たしていない場合のアピールのコツの1つ目は、「満たしていない条件があることを先に伝える」ということです。当然のことではありますが、経験がないことを隠しておくことはNGとなります。したがって、経験がないことを先に伝えてから、それ以外のところでアピールするようにしましょう。

<熱意を伝える>

応募条件を満たしていない場合のアピールのコツの2つ目は、「熱意を伝える」ということです。「応募理由」や「具体的な将来のビジョン」などを、会社側に伝えるようにしましょう。つまり、「条件は満たしていないが、どうしてもこの仕事をしたい!」という熱意を、会社側にアピールしましょう。

<活かせる過去の経験を伝える>

応募条件を満たしていない場合のアピールのコツの3つ目は、「活かせる過去の経験を伝える」ということです。不足しているスキルや経験を、そのほかの経験でカバーするようにしましょう。つまり、現状の「自分の実力」を伝えることで、会社側に「将来性」を期待させるということです。たとえば、「私は、現状では○○はできませんが、●●には自信があります」などのように伝えると、効果的でしょう。

アピールのコツ理解し、ほかの求人者と差をつける

いかがでしたでしょうか?ここまで見てきたように、応募条件を満たしていない場合にも、チャンスはあります。「応募条件を満たしていない場合のアピールのコツ」をしっかりと理解し、またそれを実践することで、ほかの求人者と差をつけましょう。(modelpress編集部)