ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

美容部員の志望動機を履歴書に書くときのポイントとは?

【コスメ/モデルプレス】「美容部員の志望動機を履歴書に書くときのポイント」とは、どのようなものなのでしょうか。本稿では、美容部員の仕事内容、および美容部員の志望動機を履歴書に書くときのポイントについて、ご紹介していきます。

美容部員の志望動機を履歴書に書くときのポイントとは?/Photo by VGstockstudio

美容部員ってどんな仕事?

そもそも、美容部員とは、どのような仕事なのでしょうか。まずは、美容部員の仕事内容、およびどのような人が美容部員に向いているのかについて、ご紹介していきます。

<基本的な仕事内容>

美容部員の「基本的な仕事内容」とは、どのようなものなのでしょうか。美容部員は、基本的には、それぞれのお客様に合った化粧品を提案し、販売します。そして、お客様が抱えている化粧に関する悩みを聞いたり、実際にメイクをしたりします。これらに加えて、店舗の美化や、顧客管理といった業務も行います。

<美容部員に求められる要素>

それでは、「美容部員に求められる要素」とは、どのようなものなのでしょうか。まずは、「美容に関する知識」については、必須となります。「積極的にメイクに対して興味を持ち、メイクについて勉強できる熱心さ」といったようなものも必要になります。日頃から、雑誌やSNSを通じて、メイクについて研究していたり、いろいろなメイクの方法を試したりしていることが、求められるでしょう。また、「コミュニケーション能力」も必要となります。美容部員は、初めてご来店されるお客様と接する機会も多い仕事です。お客様のメイクを見たり、お客様からの悩みを聞いたりしたうえで、的確にアドバイスをする力が求められます。お客様が求めている内容をアドバイスすることで、商品の販売につなげていくのです。したがって、当然のことではありますが、「営業力」も求められることになります。

履歴書に志望動機を書く際に意識すべきポイント

実際に、「履歴書に志望動機を書く際に意識すべきポイント」には、どのようなものがあるのでしょうか。それでは、美容部員の志望動機を考える際に意識すべきポイントについて、ご紹介していきます。

<そもそも、美容部員を目指す理由は?>

美容部員の志望動機を考える際に意識すべきポイントの1つ目は、「美容部員を目指す理由」です。「美容部員になりたいと思ったきっかけ」を伝えることができるような内容にしていきましょう。その際、なるべく具体的に書くことが大切になります。それは、担当者に熱意を伝え、また積極性をアピールするためです。

<どうしてこのブランドが良いのか?>

美容部員の志望動機を考える際に意識すべきポイントの2つ目は、「ブランドを選んだ理由」です。つまり、「応募先の企業でなければならない理由」について、考えるようにしましょう。企業は、基本的には、ブランドや商品について、よく知っている人を採用したいと考えています。したがって、実際に商品を購入してみたり、店頭で接客を受けてみたりするとよいでしょう。当然のことながら、「好き」や「憧れ」だけでは、NGとなります。ちなみに、ブランドや商品についての研究がしっかりとできていると、面接の際にも対応しやすくなるでしょう。

<入社して何をしたいのか?>

美容部員の志望動機を考える際に意識すべきポイントの3つ目は、「入社後の働き方」です。つまり、「入社後のビジョン」を明確にしておくことが必要になります。「どのような美容部員を目指すのか」「どのようなことを意識して仕事に取り組むのか」などについて、具体的に書くことができるとよいでしょう。

美容部員の志望動機(OK例とNG例)

美容部員の履歴書を紹介/Photo by Iakov Filimonov

美容部員の志望動機のOK例とNG例とは、どのようなものなのでしょうか。それでは、美容部員の志望動機のOK例とNG例について、ご紹介していきます。

<志望動機のOK例>

「志望動機のOK例」とは、どのようなものなのでしょうか。すでに確認したように、美容部員の志望動機には、「美容部員になりたいと思ったきっかけ」「応募先の企業でなければならない理由」「入社後のビジョン」について、なるべく具体的に書いていくことが必要になります。「美容部員になりたいと思ったきっかけ」については、例えば「専門学生時代に、友人からメイクを頼まれ、とても喜ばれた」という経験や、「学生時代の部活動で、舞台のメイクを担当していた」というような経験を書くことができるとよいでしょう。次に、「応募先の企業でなければならない理由」については、例えば「応募先の企業の化粧品を誕生日プレゼントとしてもらった際に、とても感動した」というような経験や、「応募先の企業で、美容部員からメイクをしてもらった後、友人からメイクをほめられた」というような経験を書くことができるとよいでしょう。そして、「入社後のビジョン」については、「営業成績の追求だけではなく、お客様の喜びや幸せにつながるようなメイクをしたい」というような内容や、「美容に関する勉強を続け、資格試験にもチャレンジし、美容部員として常にレベルアップしていきたい」というような内容を書くことができるとよいでしょう。

<志望動機のNG例>

「志望動機のNG例」とは、どのようなものなのでしょうか。すでに確認したように、応募先の企業への「好き」や「憧れ」のみの内容は、志望動機としてはNGとなります。「○○という商品が好き」や「××というブランドが、子供のころからの憧れ」だけでは説得力に欠ける可能性が高いでしょう。自身の経験を踏まえて、説得力を持たせる必要があります。

また、「入社後のビジョン」がないものも、NGとなります。「営業成績の追求のために、全力で業務に取り組んでいく」や、「常に、お客様の気持ちに寄り添う」という漠然とした内容のものは、入社後のビジョンが無いと思われてしまう可能性があります。

履歴書に志望動機を書く際に意識すべきポイントを押さえ、他の応募者に差をつける

いかがでしたでしょうか?ここまで確認してきたように、美容部員の志望動機を履歴書に書くときには、さまざまなポイントがあります。本稿でご紹介させていただいた「履歴書に志望動機を書く際に意識すべきポイント」を押さえることができていれば、「志望動機のOK例」のような内容を書くことは、それほど難しいことではないでしょう。反対に、「履歴書に志望動機を書く際に意識すべきポイント」を知らないままでいると、簡単に「志望動機のNG例」のような内容になってしまうでしょう。「履歴書に志望動機を書く際に意識すべきポイント」をしっかりと押さえ、他の応募者に差をつけてください。(modelpress編集部)