ファッションブランド・コスメブランド・化粧品メーカーで働きたい方を応援!アパレル業界・美容業界の最新ニュース

美容部員は知っておきたい!タッチアップでメイクをするときのコツ

【コスメ/モデルプレス】タッチアップは、「美容部員にとって、最も大切な仕事」であるといっても過言ではないでしょう。タッチアップをする際には、お客様と間近で接客することになります。そして、タッチアップの出来栄えは、お客様の商品の購入に直結するものです。したがって、美容部員であれば、タッチアップをする際のコツは、必ず押さえておきたいものになってきます。本稿では、美容部員が、タッチアップをする流れや、タッチアップをする際のポイントについて、ご紹介していきます。

美容部員は知っておきたい!タッチアップでメイクをするときのコツ/Photo by ERainbow

タッチアップは、いつ行うもの?

そもそも、タッチアップとは、どのようなものなのでしょうか。そして、タッチアップは、いつ行うものなのでしょうか。まずは、タッチアップの定義、そしてタッチアップを求められるシチュエーションについて、ご紹介していきます。

<タッチアップとは?>

タッチアップとは、美容部員(ビューティー・アドバイザー、BA)が、お客様の肌に直接、メイクやスキンケアを施すことです。したがって、タッチアップを行う際には、自社商品をお客様自身に肌で感じてもらうことになります。ちなみに、タッチアップを行う際には、お客様の顔の半分側にだけ、メイクを施す場合もあります。また、メイクのテクニックについて、お客様にアドバイスをすることもあります。

<タッチアップを求められる主なシチュエーション>

それでは、お客様から「タッチアップを求められる主なシチュエーション」には、どのようなものが考えられるのでしょうか。まずは、「お客様が、メイクのやり方に悩んでいるとき」というシチュエーションを挙げることができるでしょう。このようなシチュエーションでは、具体的には、「目を大きく見せたい」「旬のメイクを知りたい」などの要望が、お客様から寄せられると考えられます。次に、「お客様が、肌と化粧品との相性を確かめたいとき」というシチュエーションも挙げることができます。お客様の中には、タッチアップをしてもらうことで、肌と化粧品との相性を確かめてから購入を決めたいと考えている方も少なくありません。このようなお客様の中には、「敏感肌」のお客様や、「化粧崩れ」が気になっているお客様などがいらっしゃいます。そして、「お客様が、口紅やアイシャドウなどの色を確認したいとき」というシチュエーションも多くあります。商品が実際にどのような色であるのかを確かめてから、購入を決めたいというお客様は、とても多くいらっしゃいます。

店頭でタッチアップをする際の流れ

それでは、店頭で、実際にタッチアップをしていく際には、どのような流れになるのでしょうか。ここからは、店頭で、お客様にタッチアップをする際の大まかな流れについて、ご紹介していきます。

<タッチアップを提案する>

まずは、商品の購入を悩まれているお客様などに、「タッチアップを提案する」ことから始まります。したがって、商品をご覧になっているお客様に対しては、積極的に声をかけるように心がけましょう。そして、「試してみたい色」などをお客様に尋ねてみるとよいでしょう。その際、お客様の「時間の都合」を確認しておくとさらによいでしょう。

<タッチアップで、メイクやスキンケアを施す>

そして、お客様が希望されている商品をタッチアップしていくことになります。その際、お客様には、「色味」や「使用感」を実際に確認していただきましょう。その後、お客様から、「肌の悩み」などをヒアリングして、お客様に最適な商品を提案していくことになります。お客様が、メイクのやり方などに悩んでいる場合には、メイクに関するテクニックなどもアドバイスするとよいでしょう。なお、お客様が、商品の購入を迷われている場合には、商品のサンプルをお渡しするということもあります。商品のサンプルをお渡しすることで、後日、商品の購入につながっていく可能性もあります。

お客様にタッチアップをする際のコツ

タッチアップのポイントを紹介/Photo by Galina Tcivina

それでは、お客様にタッチアップをする際には、どのようなことが大切になってくるのでしょうか。ここからは、「お客様にタッチアップをする際のコツ」について、ご紹介していきます。

<会話をすることによって、お客様の緊張を解く>

お客様にタッチアップをする際のコツの1つ目は、「会話をすることによって、お客様の緊張を解く」ことです。お客様の中には、タッチアップをしてもらうのが初めてという方もいらっしゃいます。そのようなお客様の中には、緊張している方も少なくありません。したがって、タッチアップをする際には、何気ないコミュニケーションの中から、お客様の悩みなどを引き出すことができるとよいでしょう。これは、お客様の「カウンセリング」をすると言い換えることもできるでしょう。

<手早く、きれいにメイクをする>

お客様にタッチアップをする際のコツの2つ目は、「手早く、きれいにメイクをする」ことです。タッチアップに時間がかかってしまうと、お客様にストレスを感じさせてしまうことも少なくありません。したがって、特に、アイラインなどは、手早く、丁寧にメイクをすることができるように、しっかりと練習しておくようにしましょう。

<お客様の感覚を忘れないようにする>

お客様にタッチアップをする際のコツの3つ目は、「お客様の感覚を忘れないようにする」ことです。これは、お客様が抱えられている悩みに合わせて商品を提案するためにとても大切なことです。美容に関する知識を身に付けたことで、「頭でっかち」になってしまうことがないように注意しましょう。

すべては、「お客様のため」

いかがでしたでしょうか?ここまで確認してきたように、タッチアップをする際には、メイクのテクニックはもちろんのこと、ほかにもさまざまな要素が必要になってきます。そして、それらの要素はすべて、「お客様のため」ということに繋がってくるでしょう。その結果が、自身の営業成績の向上に反映されるのだと思います。(modelpress編集部)